八代市総合トップへ

八代市障がい者サポーター制度

最終更新日:

 

障がい者サポーター制度について

本市では、平成30年度から「八代市障がい者サポーター制度」を実施しています。この制度は、「ともに支えあい 自分らしく暮らせる 心のかよいあうまち やつしろ」の実現のため、障がいの特性及び必要な配慮についての市民の皆様の理解の促進及び障がい者の社会参加の促進等を図ることを目的としています。

 

障がい者サポーター

シンボル

障がい者サポーターとは、障がいの特性や必要な配慮について理解を深め、障がいのある人が困っているときに、必要な手助けをする人のことです。

障がい者サポーターになるには、まちづくり出前講座、市が主催するサポーター研修会等を受講する必要があります。

 受講いただいた人には、シンボルマーク別ウィンドウで開きます入りの「キーホルダー」または「缶バッジ」をお渡しします。障がいのある人が、サポーターに声をかけやすいように、目につきやすい所に身につけていただきますようお願いします。

 詳しい内容は、「八代市障がい者サポーター制度実施要綱」をご覧ください。
 

 また、「障がい者サポーター、サポート企業・団体になりませんか?」は、実施要綱を一部抜粋して掲載しているほか

 (1)障がいごとの特徴と対応の仕方について

 (2)障がい者に関するマーク

 などを掲載しています。

PDF 障がい者サポーター、サポート企業・団体になりませんか? 別ウィンドウで開きます(PDF:1.23メガバイト)

 

サポーター研修会について

 サポーター研修会は、受講者が自主的に開催を計画し、市に講師派遣を依頼する「まちづくり出前講座」と、市が年に1回開催する研修会があります。

「まちづくり出前講座」・・http://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji0032110/index.html

「年1回の研修会」 ・・・・ホームページ等でお知らせします。

 

 

障がい者サポート企業・団体

 障がい者サポーター制度の普及などに積極的に協力いただける企業や団体を「障がい者サポート企業・団体」として認定します。認定にあたっては、市内にある事業所が、市が主催するサポーター研修会等を受講するほか、下記の事項のうち2項目以上に該当していることが要件となります。


1.「障害者の雇用の促進等に関する法律」に規定する法定雇用障害者数以上の障がい者を雇用していること(法定雇用率の対象とならない事業所は1人以上を雇用)。
2.障がい者を雇用するに当たって、障がいの特性に応じた職場配置又は業務の分担、業務マニュアルの整備、職場相談員の配置等の配慮が行われていること。
3.事業所又は店舗のユニバーサルデザイン化を推進していること。
4.障がい等について従業員を対象とした研修を定期的に実施していること。
5.障がい者への配慮等を含んだ接客等についてマニュアル化し、かつ、実践していること。
6.障がい者施設の商品の購入、販売場所の提供等、障がい者施設の販路拡大に大きく寄与していること。
7.障がい者及びその保護者等の支援団体等であって、障がい福祉に関するイベントの開催等、市民の理解を促進する取組を実施していること。
8.前各号に掲げるもののほか、障がい福祉に資すると認められる取組を実施していること。

 

障がい者サポート企業・団体の役割

 企業や団体のノウハウやスキルを活かして、障がい者の支援につながる取組をより一層進めてください。「障がい者サポート企業・団体」として認定された企業・団体には、市から認定証を交付し、市ホームページで認定企業・団体として紹介します。
また、認定を受けた企業・団体は許可を受けると、障がい者サポーターシンボルマークを、企業・団体の名刺や、ノベルティ、印刷物、ホームページ等にご使用いただけます。
 なお、特に優れた活動をされている企業・団体については、市から表彰いたします。

 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:9828)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved