八代市総合トップへ

成年後見制度について

最終更新日:
 

成年後見制度 

 

成年後見制度とは

認知症、知的障がい、精神障がいなどで判断能力が十分でない方は、不動産や預貯金などの財産管理、介護・福祉サービスや施設への入退所に関する契約、遺産分割などをする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。このような方を保護し、法律的に支援する制度が成年後見制度です。
 
 

法定後見制度と任意後見制度

成年後見制度には「法定後見制度」と「任意後見制度」の2種類があります。

  

<法定後見制度>

法定後見制度は、本人の判断能力が不十分になった後、家庭裁判所によって、成年後見人等が選ばれる制度です。本人の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」の3つの制度があり、本人の事情に応じた制度を利用できるようになっています。

 

 後見 : 判断能力が欠けているのが通常の状態の方

 保佐 : 判断能力が著しく不十分な方

 補助 : 判断能力が不十分な方

 

<任意後見制度>

任意後見制度は、本人に十分な判断能力があるうちに、判断能力が不十分になった場合に備えて、後見事務の内容と後見する人(任意後見人)をあらかじめ契約(任意後見契約)で決めておく制度です。

 

 

成年後見制度の利用支援

法定後見開始の審判申立については、本人、配偶者、四親等内の親族等が申立てることが基本です。しかし、本人に身寄りがない等、当事者による申立てが困難な場合で、本人の福祉を図るために特に必要があると認められるときに限り市町村長が申立てることが可能です。八代市では、審査の上、市長による申立てを行った場合、申立て費用を負担します(負担能力のある方については後日、本人に求償します)。また、成年後見人、保佐人、補助人への報酬を負担することが困難な方については、報酬を支給します。

知的障がいまたは精神障がいがある方で、65歳未満の方は、八代市役所障がい者支援課が窓口になります。電話または直接窓口へお越しください。



 




 

 

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:11227)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved