八代市総合トップへ

道路後退について

最終更新日:
狭い道をひろげて安全で快適なまちづくり

はじめに
 わたしたちの身近にある生活道路は、快適な住環境を確保し、災害時の安全性を高める上で重要な役割をもっています。
 しかし、市内には道路幅員が4メートルにも満たない狭い生活道路がたくさんあり、消防活動や緊急車両の通行、日照や通風など、良好な住環境をつくるうえで大きな障害となっています。
 また、建物の敷地は4メートル以上の道路(建築基準法)に2メートル以上接しなければ建物を建築することができません。幅員が4メートルに満たない場合は、道路後退が必要です。
 そこで、八代市では幅員が4メートル未満の狭い生活道路に面した土地に建築される場合、確実な道路後退の実施を指導しているところです。
 より安全で快適なまちづくりのために、市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。



建築基準法上の道路とは
 道路には、国道、県道、市道などの公道と、道路位置指定などの私道があります。いずれも幅員が4メートル以上ないと道路とは認められません。
 

道路幅員が4メートル未満の場合
 建築基準法の適用を受けるようになったとき、既に建物の立ち並び、一般の交通に使用されていた幅員1.8メートル以上で4メートル未満の道に限り、道の中心から2メートル後退したところまで道路とみなします。
 道路の片側に崖や川・水路など(幅1.1メートル以上)があるときは、その境界から敷地の側に4メートル後退した線までを道路とみなします。
 後退した部分は道路とみなされるので、建物はもちろん、門、へい、生垣などを造ることはできません。
 また、この部分は、敷地面積には含まれません。

 

 


◆確認申請に必要な添付書類
以下の書類を添付して下さい。
※ 令和元年5月1日の元号改正に伴い書式の元号表記を修正しております。
  (すでに印刷されている場合は、旧元号(平成31年表記)でも提出可能です。)
 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:67)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved