八代市総合トップへ

遺族基礎年金

最終更新日:
遺族基礎年金は、配偶者に先立たれたときに下記の要件に該当すれば受けることができます。
 

●受けられる要件

 遺族基礎年金は、死亡した人が、死亡した月の前々月までに保険料を納めた期間(厚生年金期間等を含む)と免除期間(学生納付特例期間を含む)を合算した期間が、加入期間の3分の2以上あるか、または老齢基礎年金を受ける資格期間(25年)を満たしていれば受けることができます。
 ただし、平成38年3月31日までの死亡については、死亡した月の前々月までの1年間に保険料の未納期間がなければ受けられます。

●受けられる人

 遺族基礎年金は、死亡した人によって生計を維持されていた次の人が受けられます。
(1)18歳(18歳の到達年度の末日)までの子がいる配偶者(ただし、夫は26年4月1日以降の死亡に限る)
(2)18歳(18歳の到達年度の末日)までの子
 
     ※子が障害基礎年金1級・2級の障害の程度にあるときは、20歳到達まで受けられます。

※遺族基礎年金は、18歳未満の子のない配偶者は受けられません。

●年金額(平成31年度)

 (1)子がいる配偶者が受ける場合   (単位:円) 

 

 子の数

 基本額

子の加算 

 合計

1人のとき

780,100

224,500

1,004,600 

2人のとき

 780,100

 449,000

 1,229,100

3人のとき

 780,100

 523,800

 1,303,900

 

 ※配偶者が受ける場合は、第1子・第2子にそれぞれ224,500円、第3子以降それぞれ74,800円が加算されます
 
(2)子が受ける場合         (単位:円)

 

 子の数

基本額

 子の加算

 合計

 1人当たりの額

 1人のとき

 780,100

 -----

 780,100

 780,100

 2人のとき

 780,100

 224,500

 1,003,600

 502,300

 3人のとき

 780,100

 299,300

 1,079,400

 359,800

 

 ※子が受ける場合は、子が2人以上いるとき第2子に224,500円、第3子以降にそれぞれ74,800円が加算され、この人数で割った額が1人あたりの年金 額になります。

支給開始時期

 

       国民年金に加入している方が死亡した日の属する月の翌月から支給されます。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:2495)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved