八代市総合トップへ

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う就学援助制度のご案内

最終更新日:
  •   八代市では、経済的理由によって就学困難な小中学生の保護者に対し、就学に必要な費用の一部を援助する就学援助制度を設けています。この度の新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が著しく減少し、経済的にお困りの方はご相談ください。
 
1 制度の対象者
  生活保護法の要保護者に準ずる程度に困窮していると認められる者
 【認定の目安】 
 ・生活保護の停止・廃止となった者  ・市民税の非課税、または減免対象者  
 ・個人事業税の減免対象者  ・固定資産税、国民年金掛金・国民健康保険税の減免等対象者  ・児童扶養手当受給者     など
 ※目安であり、所得状況によっては対象とならない場合があります。
 

2 主な援助の内容

 学用品費等(月額)

【小学校】1年:1,103円  2~6年:1,292円 

【中学校】1年:2,087円  2~3年:2,276円

 新入学児童生徒学用品費(※) 

【小学校】 51,060円(1年生のみ

【中学校】 60,000円(1年生のみ

 校外活動費 実費(援助対象として認められるもの):上限あり
 修学旅行費 実費(援助対象として認められるもの)
 学校給食費 実費
 通学費 実費(片道の通学距離が小学生4km以上、中学生6km以上で、公共交通機関を利用して通学)
 日本スポーツ振興センター災害共済掛金(※)  保護者負担額(420円)免除

(※)年度当初(4月1日)の認定者のみ対象

 

3 新型コロナウイルス感染症の影響への対応 
 就学援助制度は、通常、前年または前々年の所得により審査をしますが、新型コロナウイルス感染症の影響で、休業、離職、会社の倒産、売上の減少などにより家計が急変した世帯については、令和2年度に限り、直近の収入状況を勘案した世帯の合計所得で審査し、就学援助の認定基準以下と見込まれる場合は、援助の対象とします。
 ※既に令和2年度就学援助で認定となっている世帯については、改めて申請する必要はありません

 

4 申請方法
  ①「就学援助申請書」及び「申立書」を下記よりダウンロードするか学校から受け取り、必要事項を記入する。(申請書内の【申請理由】の欄に、新

   型コロナウイルス感染症の影響による家計の急変 と記入)

  ・PDF 就学援助申請書 別ウィンドウで開きます(PDF:361.1キロバイト)

  ・PDF 申立書 別ウィンドウで開きます(PDF:46.9キロバイト)

 

  ②「就学援助申請書」、「申立書」及び下記の書類(写し可)を学校へ提出。 

 <所得が著しく減少したことを証明する書類>
・減収前(令和2年1月)の給与明細書と減収後の直近3か月の給与明細書
・離職票又は退職証明書
・売上及び経費が分かる帳簿                              など

 ※どのような書類を提出したらよいか分からない場合や、申請期日(7月15日)までに書類の準備が間に合わない場合などは、学校教育課までご相談ください。
※審査結果については、後日学校を通じて通知します。

 

5 申請期限(年度当初認定)
    令和2年7月15日(水曜日)まで
   ※令和2年7月15日までに申請された方で、認定となった場合は4月分から援助費を支給(年度当初認定)します。
    7月16日以降も随時受け付けますが、その場合は申請書の申請日が認定日となり、認定日からが支給対象となります。

 

6 その他
・個別の事情に応じて、上記以外の書類の提出をお願いする場合があります。
・虚偽その他不正な申請があった場合は、支給した就学援助費を返還していただくことがあります。
・次年度以降については、従前の申請方法と同様となる予定です。

 

 問い合わせ先:八代市教育委員会 学校教育課(TEL:30-1673)または各小・中学校

このページに関する
お問い合わせは
(ID:9652)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved