八代市総合トップへ

農地の規模拡大に必要な機械の導入に補助を行います  ~農地集積対策事業~

最終更新日:
 

事業の目的

 過疎化、高齢化等による担い手不足が進み、遊休農地の増加が予想されることから、担い手への農地集積を推進し、
 農地を保全するために、集積による規模拡大を図る農業者に対して、必要な機械等の導入支援を行う。
 

事業の対象者

 ・市内に住所を有する農業を営む人

 

 ・担い手、または担い手になることが確実な人

 

   ※担い手とは、認定農業者、認定新規就農者、集落営農組織等

 

 ・市税に滞納がない人。

※市税とは、市県民税、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税

 

事業の要件と補助率

 

 

事業の要件

補助率

初めて申請する方

(1回目)

   (1)経営面積が令和2年度末(令和3年3月末日)と比較して1ha以上規模拡大し、拡大後の経営面積が3ha以上

  ※ 中山間地域は0.5ha以上の規模拡大。経営面積の要件はありません。

  ※ 令和3年4月以降に就農した認定新規就農者は面積要件の特例緩和措置があります。

   詳しくはご相談ください。

機械等の導入経費の1/2以内(上限100万円)

   (2)令和2年度末(令和3年3月末日)の経営面積が1ha以上で、0.5ha以上の規模拡大

機械等の導入経費の1/2以内(上限50万円)

過去に申請された方

(2回目)

   (3)以下の3つ全てを満たすこと。

   (1)1年以内に担い手以外が耕作していた農地を1ha以上集積すること

   (2)1回目の機械導入年度の末日より経営面積が1ha以上拡大

   (3)拡大後の経営面積が4ha以上

  ※1回目に導入した機械等の耐用年数が経過していること。

機械等の導入経費の1/2以内(上限100万円)

 

○集積方法

 

 ・5年以上の新規の賃借権設定(八代市農業委員会に届け出ること)

 

 ・農地中間管理機構(農地バンク)と5年以上の賃借権設定

 

 ・農地の買入れ(2回目の申請の方のみ)

 

補助の対象

〇対象となる農業機械等は、以下の3つの要件を満たすこと
 
 ・トラック、パソコンなど農業経営以外への汎用性が高いものでない。
 
 ・パレット、苗箱等の消耗品でない(機械等に標準で付属される分は可)。
 
 ・消費税抜きの金額が20万円以上。
 

(注)機械等の導入に関しては、交付決定後に見積合せを実施する必要があります。

 

補助金の申請の手続きなど

【申請の手続き】

事業を希望する人は、事業の着手前(農業機械等の導入前)に申請を行うものとします。

【申請の時期】

最終の受付けは、2月末日とします。ただし、年度途中でも予算がなくなり次第受付は終了します。

【補助金の交付】

機械の導入が完了し、業者への代金支払い後になります。(領収証の写し等が必要です)

 【利用状況の報告】

事業を実施した翌年度から5年間、農地及び機械等の利用状況を提出していただきます。

補助金の返還

 以下の場合は、交付した補助金を返還していただきます。

 

   ※5年以内に賃借権設定を合意解約した場合。

 

   ※機械の耐用年数内に処分した場合。

 

   ※その他、不正な手段により補助金の交付を受けた場合。

 


このページに関する
お問い合わせは
(ID:19780)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved