八代市総合トップへ

障がい者・高齢者の住宅改造に対する助成について(お知らせ)

最終更新日:

障がい者・高齢者住宅改造助成事業


 在宅の重度身体障害者(児)または要介護高齢者の世帯に対し、自立促進、寝たきり防止、介護者の負担軽減を図ることを目的として行われる住宅改造に必要な経費について一部助成します。
 ただし、新築・増築・改築は対象になりません。
 また、改造後の申請はできませんので、必ず事前にお問い合わせください。
 ※65歳以上の要介護・要支援認定を受けた方に対する住宅改造については下記ファイルもご覧ください。エクセル 住宅改造(調査票).xls 新しいウィンドウで(エクセル:2.3メガバイト)

1.対象者
障がい者住宅改造 高齢者住宅改造
毎年4月1日現在65歳未満の方 毎年4月1日現在65歳以上の方
身体障害者手帳1・2級をお持ちの方 要介護・要支援認定を受けた方
療育手帳A1・A2をお持ちの方 要介護・要支援認定を受けた方と同居もしくは同居しようとする方
2年以上市内に居住し、市税・介護保険料等を完納している方 2年以上市内に居住し、市税・介護保険料等を完納している方
以前この事業による助成を受けたことがない方 以前この事業による助成を受けたことがない方
当該世帯の生計中心者の前年所得税年額が7万円以下の世帯にある方 当該世帯の生計中心者の前年所得税年額が7万円以下の世帯にある方


2.住宅改造例
玄関・廊下・階段・居室・浴室・便所・洗面所・台所などを重度の障がいがある方または要介護高齢者及び介護者が利用しやすいように改造するものです。
玄 関 スロープを設置する・開き戸を引戸に変える・入口スペースを広げる・手すりをつける等
廊 下 床材を滑りにくいものに変える・各部屋との段差をなくす等
階 段 昇降機を設置する・手すりをつける等
居 室 畳をフローリングに変える等
浴 室 滑りにくいタイルに変える・浴槽を変える等
便 所 タイルを板張りに変える・手すりをつける等

3.助成額
助成限度額は70万円です。
対象区分 助成率・助成額
生活保護世帯 3分の3・70万円
市町村民税非課税世帯 3分の3・70万円
課税世帯(生計中心者の所得税年額7万円以下) 3分の2・46万円

4.申請から助成金交付までの流れ
以下の順序で手続きを行います。
  内容 備考
(1) 事前相談 重度身体障害者の方については障がい福祉課、要介護高齢者の方については長寿支援課にご相談ください。(提出していただく書類があります。『5.提出するもの』を参照ください。)
(2) 実地調査 相談後、関係職員が改造希望箇所を調査します。
(3) 改造方法検討会 改造の方法等を専門家と協議をします。
(4) 改造方法提示 効果的な改造方法を提示します。
(5) 申請 (効果的な改造方法と確認できれば)申請書類を提出して頂きます。(『5.提出するもの』を参照ください。)
(6) 助成決定 申請書を審査し、助成の決定・却下を通知します。
(7) 着工〜竣工 助成決定後、着工となります。
(8) 実績報告 工事完了後、実績報告書を提出して頂きます。
(9) 実地検査 工事が適切になされているかを検査します。
(10) 助成確定 検査に合格後、助成金の交付が確定し、通知します。
(11) 領収書提出 工事代金の領収書の写しを提出してください。
(12) 助成金交付 口座振込で助成金を交付します。

5.提出するもの
《事前協議》
1.図面(改造前、改造案)
2.写真(改造前)
3.見積書
4.見積製品のカタログ(写し可)

《改造方法提示後》
1.申請書(障がい福祉課または長寿支援課よりお渡しします。)
2.納税証明書
3.世帯全員の住民票の写し
4.所得税課税年額が確認できる書類(収入があった者全員:確定申告書の写し、源泉徴収票など)
5.改造承諾書(借家のみ)

6.問い合わせ
65歳未満の方の相談・申請窓口 障がい福祉課 35−0294
65歳以上の方の相談・申請窓口 長寿支援課  32−1175
このページに関する
お問い合わせは
(ID:1507)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved