八代市総合トップへ

(令和3年4月14日)新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

最終更新日:
 

市長の動画メッセージ(令和3年4月14日)

URL=http://www.youtube.com/v/Xq2b5059Euk&hl=ja_JP&fs=1
URL=http://www.youtube.com/v/cW0TK_uYbeM&hl=ja_JP&fs=1
(八代市公式YouTubeチャンネル)
画像をクリックすると動画に移動します。
※ブラウザによっては画像が表示されない場合があります。その場合はこちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)別ウィンドウで開きますから移動してください。
 

コメント全文

 八代市長の中村です。
 市民の皆様におかれましては、日頃より新型コロナウイルス感染症の感染予防に対しまして、ご理解とご協力いただいておりますことに心より感謝申し上げます。

 そのような中、昨日4月13日夜に、本市仮設庁舎・東棟1階にある障がい者支援課に勤務する職員の新型コロナウイルス感染が確認されました。

 この感染確認に伴い、本日14日、仮設庁舎東棟を臨時閉庁し、消毒作業を実施しました。
 緊急的な措置とはいえ、周知が十分でなく市民の皆様ならびに来庁者の皆様に対し、ご不便をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
 市職員に対しましては、日頃から手指消毒、マスク着用、3密の回避などの基本的な感染予防はもちろん、「感染しない」、「感染させない」ことを常に意識した行動を呼び掛けてきましたが、改めてより一層の感染防止対策を徹底してまいります。

 熊本県内におきましては、県独自の緊急事態宣言以降、皆様のご協力により、感染者数は比較的落ち着いておりますものの、首都圏や関西などにおいては、急激な感染の再拡大や感染力の強い変異株の事例が確認されるなど、「第4波」が懸念される予断を許さない状況が続いております。
 市民の皆様におかれましては、感染が流行している県外への不要不急の移動は控えていただきますとともに、新しい生活様式の徹底など、引き続き、感染予防にご協力いただきますようお願い申し上げます。
 特に、大型連休期間中は、帰省や旅行を検討されている方もおられるかと思いますが、感染が流行している地域への往来は控えていただきますよう重ねてお願い申し上げます。
 本市では、これまで独自の経済支援策や感染症予防支援策などにより、新型コロナの影響を受けている事業者の皆様を支援してまいりました。
 今回、引き続き感染予防対策に取り組まれる事業者の皆様に対しまして、改めて支援策を創設いたしましたので、その支援内容について、ご報告いたします。

 

 今回の支援策は、対面での接客を伴う事業者の皆様を対象として、CO2測定器、空気清浄機、マスクなどの購入に関する感染症予防対策費用の補助を行います。

 新型コロナの再拡大が鮮明になっている中、感染症の拡大を抑え込みつつ、事業活動を継続・再開し、地域経済の浮揚を図ることは極めて重要であります。こうしたことから感染症予防対策の費用について支援を行うものであります。

 補助金額は、3月15日まで実施しておりました「八代市新型コロナウイルス感染症予防対策支援補助金」と同様に1施設あたり対策費用の4分の3、上限10万円といたします。
 また、今回は新たにタクシー等も対象とし、1台あたり対策費用の4分の3、上限を3万円とし、1事業者あたり100万円まで支援いたします。
これらにつきましては、令和3年3月16日以降に実施された感染症対策に関する経費が対象となります。

 対象となるのは対面での接客を伴う施設を有する事業者の皆様のうち、安心なまちやつしろプロジェクトに参画し、感染防止対策に取り組んでいらっしゃる方などといたします。

 なお、対面での接客を伴わない施設や、接客の場とならない車両、国が実施する支援事業の対象となる施設については、今回の支援対象外となります。

 本事業の申請書類は、市ホームページでダウンロードできるほか、市役所 仮設庁舎総合案内所などで配布を行います。4月15日から受付を開始いたしますので、対象となる事業者の皆様は期限の7月31日までに申請いただきますようお願い申し上げます。
 

 次に、低所得の子育て世帯に対する「子育て世帯生活支援特別給付金」についてであります。
 新型コロナによる影響が長期化する中で、子育て世帯における食費等による支出の増加の影響を勘案し、国において「子育て世帯生活支援特別給付金」を支給することとされました。
 今回の支給対象は、まず、ひとり親世帯となります。ふたり親世帯に対する支給につきましては、国から制度の詳細が示され次第、お知らせいたします。 

 支給対象者は、3つの条件のいずれかに該当する方となります。
 まずは、令和3年4月分の児童扶養手当を受給する方、次に、公的年金等を受給していることにより令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けない方、最後に、新型コロナの影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当受給者と同じ水準になっている方、であります。

 支給額は、児童一人あたり一律5万円となります。過去2回、児童扶養手当受給世帯等へ給付されました「ひとり親等世帯臨時特別給付金」とは、支給額が異なりますので、ご注意ください。
 次に、給付金の支給手続きについて、ご説明します。
 令和3年4月分の児童扶養手当受給者の方は、当月分の支給日である5月11日に併せて支給しますので、申請は不要です。
 それ以外の方が給付金を受け取るためには、申請が必要となります。申請は、5月6日から受け付けいたします。

 

 本市といたしましては、早期に、安全で安心なワクチン接種が受けられる体制づくりをはじめ、感染防止対策と経済活動の両立に向けて、引き続き全力で取り組んでまいりますので、市民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


このページに関する
お問い合わせは
(ID:14662)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved