八代市総合トップへ

八代市災害時業務継続計画及び八代市受援計画の策定について

最終更新日:

 

八代市災害時業務継続計画の策定について


業務継続計画(BCP)とは、災害時に行政自らも被災し、職員や庁舎、資機材、情報及びライフライン等の利用できる資源に制約がある状況下において、優先的に実施すべき業務(以下、「非常時優先業務」という。)を特定するとともに、業務の執行体制や対応手順、非常時優先業務の継続に必要な資源の確保等をあらかじめ定め、大規模災害発生時にあっても、適切な業務執行を行うことを目的とした計画である。

 

 

八代市受援計画の策定について

 

平成28年熊本地震のような大規模災害が発生した際に、他の地方公共団体や民間企業及びボランティア等からの応援を円滑に受入れ、人的資源及び物的資源を非常時優先業務に効果・効率的に配分・配置し、八代市災害時業務継続計画の実効性を担保するため「八代市受援計画」を策定しました。


 

 


 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:11198)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved