おでかけ公民館講座「親子で楽しもう!はじめてのえいご」 報告 / 八代市
八代市総合トップへ

おでかけ公民館講座「親子で楽しもう!はじめてのえいご」 報告

最終更新日:
 

おでかけ公民館講座「親子で楽しもう!はじめてのえいご」 報告

  平成30年4月14日(土曜日)に八代市立図書館本館2階で「親子で楽しもう!はじめてのえいご」講座を行いました!

  A・B・Cの3つのグループに分かれ、交代で英語を使ったかるたやじゃんけん、お絵かきを楽しみました。

 

受付・開講式

   

受付の様子開会するまでの間に外国語絵本を読んでいる様子講師紹介の様子
      受付の様子。
      名札にローマ字でそれぞれの名前を書
  き、自分の名前を探してもらいました。

  開講式までの待ち時間は、英語の絵本

  を読みました。

  みんな熱心に読んでいました。

  開講式では講師の紹介をしました。

  左から、グループB担当のシャロン先生、

  レジーナ先生。グループC担当のアンド

  レア先生、タンズリー先生。グループA

  担当のアマンダ先生、ディーン先生です。

 

 

アイスブレーキング

  ここからは全て英語で進んでいきます。最初に自己紹介と、アイスブレーキングを行いました。

  アイスブレーキングでは、名前を使った鬼ごっこを行いました。ルールは以下の通りです。

   (1)円の真ん中に鬼が立ち、名前を呼びながら円になった人にタッチする

   (2)タッチされそうになった人が、鬼がタッチする前に別の人の名前を呼ぶと、鬼はその名前を呼ばれた人にタッチしないといけない

   (3)鬼にタッチされた人が次の鬼になる    

    アイスブレーキング(A)2  アイスブレーキング(B)  アイスブレーキング(C)

 

  緊張もほぐれ、周りの人の名前も覚えたところで、いよいよ英語を使ったゲームが始まります。
 

グループA 

  グループAでは、動物の名前を英語で学び、それを使ってかるたを行いました。 
  かるた遊びでは、手を頭の上に置き、先生が動物の名前を言ったら、その動物の絵が描いてあるかるたを取りました。
  みんな真剣に探し、自分が取れるととても嬉しそうにしていました。
 
   グループA(動物を英語で何と言うか紹介)  グループA(英語でカルタ画像1)  グループA(英語でカルタ画像2)

 
 

グループB

  グループBでは数字とじゃんけんについて英語で学び、それを使ってじゃんけんゲームを行いました。

  まず、1から指さして数字を英語で読んでいくチームと、10から読んでいくチームに分かれました。

  途中で同じ数字を読んだら、「ロック(rock)、ペーパー(paper)、シザーズ(scissors)、ワンツースリー」の掛け声でじゃんけんをして、

  負けた方は自分の列の一番後ろに並び、勝った方は番号を読み進んでいきます。

  1から読んでいくチームは10まで、10から読んでいくチームは1まで進んだら勝ちです。

  周りも応援しながら、わいわいと楽しく英語を楽しみました。

 

    グループB(数字を英語で何と言うか紹介1)   グループB(英語を使ったじゃんけんの方法紹介)   グループB(じゃんけんゲームの様子1)
 

 

 

グループC

   グループCでは体の部位(目や腕、足など)について英語で学び、それを使ってモンスターの絵を描きました。

  雪だるまのような2つの丸を描いた後、体の部位が書かれたカードから1枚選び、さいころを振ってその部位の数を決めました。

  例えば、カードに目(eye)と書かれていて、さいころを振って6が出たら、目を6個描く、という具合です。

 

   グループC(体の部位を英語で何と言うか紹介2)  グループC(モンスター作成中1)  グループC(モンスター作成中2)

  個性的なモンスターが沢山生まれました!
       グループC(モンスター完成1)  グループC(モンスター完成2)



このページに関する
お問い合わせは
(ID:8829)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved