八代市総合トップへ

令和元年度高齢者の肺炎球菌感染症定期接種について

最終更新日:
 

~高齢者の肺炎球菌ワクチンの接種費用の一部を公費負担する定期接種を行います~  

 肺炎球菌感染症は、日常でかかる肺炎の原因菌の一つである肺炎球菌によって引き起こされる病気です。
   予防接種を受けておくと、肺炎球菌による肺炎などの感染症の重症化予防等が期待されます。
   定期接種は生涯を通じて1回のみのため、接種の機会を逃さないようご注意ください。

この予防接種は、個人の予防のために行うものであり、接種の義務はありません

 

令和元年度の接種対象者

 八代市に住民票があり、本人が接種を希望する(1)または(2)に該当する人。

 ただし、過去にこの予防接種を受けたことがある人は対象外です。

 

 (1)   令和元年度末(令和2年3月31日)に以下の年齢になる人。

          ※予診票と、予防接種についてのご案内を、4月中に住所地へ郵送しています。

      65歳     昭和29年4月2日生 ~ 昭和30年4月1日生の人

    70歳     昭和24年4月2日生 ~ 昭和25年4月1日生の人
    75歳     昭和19年4月2日生 ~ 昭和20年4月1日生の人
    80歳     昭和14年4月2日生 ~ 昭和15年4月1日生の人
    85歳     昭和  9年4月2日生 ~ 昭和10年4月1日生の人
    90歳     昭和  4年4月2日生 ~ 昭和  5年4月1日生の人
    95歳     大正13年4月2日生 ~ 大正14年4月1日生の人
    100歳     大正  8年4月2日生   ~ 大正  9年4月1日生の人
    101歳以上  大正 8年4月1日以前の生まれ
 

 (2) 60歳から64歳で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障がいやヒト免疫不全ウイルスによる免疫の

  機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障がいがある人(身体障害者手帳1級相当) 

 

接種期間

 平成31年(2019年)4月1日 ~ 令和2年(2020年)3月31日

 

指定医療機関

接種回数  

 1回

 

持参物

  • 自己負担金
  • 予診票
  • 健康保険証等、住所や生年月日が確認できるもの

 

自己負担額

 2,450円~
 ※対象者に該当しない人、定期接種の期間外に接種する人は、任意接種(全額自己負担)です。

  任意接種の場合は医療機関にお問い合わせください。

 ※八代市・郡の指定医療機関以外で接種する場合は、自己負担額が2,450円を超える場合があります。

 ※生活保護世帯の方は、生活保護受給証明書を持参すれば2,450円までの自己負担額を八代市が公費負担します。

 

申込方法

 ご本人が接種を希望する場合、指定医療機関に電話予約をしてください。
 予診票は裏面をよく読み、必要事項を記入してください。
  

年度別対象年齢(生年月日)一覧

 

  • 指定医療機関以外での定期接種を希望する場合

     長期入院や施設への入所など、やむを得ない事情により指定医療機関以外での定期接種を希望する場合、

必ず接種前に八代市保健センターへご相談ください。

 接種前に「定期接種依頼書」の交付を受ける必要があるため、「定期接種依頼申請書」を提出していただきます。

 なお、医療機関等により接種料金が異なるため、指定医療機関で接種した場合より自己負担額が上回る場合があります。

 また、接種料金の助成が償還払となる場合があります。

 PDF 定期接種依頼申請書(契約用) 別ウィンドウで開きます(PDF:65.7キロバイト)

 

問合せ

  八代市保健センター  TEL32-7200

このページに関する
お問い合わせは
(ID:8656)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved