八代市総合トップへ

国名勝・松浜軒 展示のご案内(松井家の茶道具)

最終更新日:

 国指定名勝「松浜軒(しょうひんけん)」では、「驥斎(きさい)展示場」「第二展示場」の二つの展示室において、季節ごとに展示替えをしながら、伝来の宝物をごらんいただいております。

 今季は、企画展示「松井文庫の茶道具-高麗茶碗と肥後の茶器-」を開催します。松井文庫の茶道具には、茶人が求めた「侘び」にかなう素朴な高麗物や南蛮物、そしてこれら輸入品を写した八代焼の茶器が多く伝来しています。展示作品はいずれも、千利休が提唱した侘び茶の精神を感じさせてくれるものです。ぜひご見学にお越しください。

 

  期間:平成29年4月15日(土曜日)~ 7月17日(月曜日・祝日)

    松浜軒のご利用案内別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 
キサイ キサイ3
 驥斎(きさい)展示場(高麗茶碗と八代焼)/ 高麗茶碗や八代焼の茶碗がずらりと並びます。
 

利休 
 千利休の書状も展示中です!

松浜軒第2展示場  松浜軒第2展示場

第2展示場(肥後の茶器とその源流)/ 八代焼や小代焼、網田焼など肥後の茶器と「南蛮物」の水指が並びます。

 

 

松浜軒メモ

 「驥斎(きさい)展示室」は細長い形をしており、もともと馬小屋だったことから、千里を走る名馬を表す「驥(き)」という文字を名前の一部にしています。季節ごとにその季節にふさわしい展示に変えていますので、お庭の景色とともに季節ごとにお楽しみにいらしてください。

 

茶の湯メモ

 ただいま、東京上野の東京国立博物館では、特別展「茶の湯」展別ウィンドウで開きます(外部リンク)が開催されています(6月4日まで)。茶道具の名品を一堂にそろえた奇跡の展覧会として話題になっています。この展覧会へ、松井文庫からも千利休書状など3点が出品されています。今なら、東京国立博物館にて八代の至宝をご覧いただくことができます。関東近辺にお住まい、またはお出かけになる方は、こ機会をぜひお見逃しなく!

 

■松 浜 軒:0965-33-0171

  • ■開園時間:9時00分 - 17時00分(入園は16時30分まで)
  • ■休 館 日:月曜日(ただし祝日の場合は翌日が休館日。また6月の月曜日は開館)、お盆、年末年始
  • ■入場料金:一般500円、小・中学生250円(30名以上の団体は1割引き)
  • このページに関する
    お問い合わせは
    (ID:7137)
    八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
    Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

    八代市役所

    〒866-8601
    熊本県八代市松江城町1-25
    Tel:0965-33-4111(代)
    Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved