八代市総合トップへ

令和2年7月豪雨により被災された方に対する国民健康保険税の減免について

最終更新日:

  •  令和2年7月豪雨で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

今回の災害により居住する家屋、家財に被害を受けられた方、収入が減少された方等は国民健康保険税の減免を受けられる可能性があります。

詳しくは国保ねんきん課までお問い合わせください。

 

 

減免の対象となる世帯

 減免事由① 令和2年7月豪雨による災害(以下「災害」という。)により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯

 減免事由② 災害により、主たる生計維持者の行方が不明となった世帯

 減免事由③ 災害により、主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入(以下「事業収入等」という。)の減少が見込まれ、

       次のⅰ~ⅲのすべてに該当する世帯

        ⅰ:主たる生計維持者の事業収入等のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること

        ⅱ:主たる生計維持者の前年の所得の合計が1,000万円以下であること

        ⅲ:主たる生計維持者の減少が見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること

 減免事由④ 災害により、主たる生計維持者の居住に係る住宅又は家財に損害を受けた世帯

 減免事由⑤ 災害により、主たる生計維持者以外の被保険者の行方が不明となった世帯

 

※主たる生計維持者とは・・・基本的に住民票上の世帯主です。ただし、住民票上の同一世帯員で、国民健康保険の被保険者であれば、

              申請書への記載による申出で主たる生計維持者とすることができます。

 

非自発的失業による軽減対象の方へ

  主たる生計維持者が非自発的失業による軽減対象の方は、災害の影響による減免の対象とはなりません。以下に該当される方は、非自発的失業

 による軽減をご申請ください。ただし、給与収入以外に減収した事業収入等がある場合は減免対象となる場合があります。

 

  •   〇離職日が平成31年3月31日以降
  •   〇離職日時点の年齢が65歳未満
  •   〇雇用保険受給資格者証をお持ちで離職コードが11.12.21.22.23.31.32.33.34のいずれかに該当する
  •  ※非自発的失業による軽減について詳しくは 非自発的失業者の国民健康保険税が軽減されます。別ウィンドウで開きます をご覧ください。

 

 

減免の対象となる保険税

 減免の対象となる保険税は、令和2年度分の保険税であって、令和2年7月4日から令和3年3月31日までの間に納期限が設定されているものです。ただし、国民健康保険加入手続きが遅れたなど、令和2年6月以前分の保険税の納期限が令和2年7月4日以降に設定されている場合は、令和2年7月分以降の保険税とします。
 
 

減免される額

 減免事由①及び②の場合:対象となる保険税全額
 
 
 減免事由③の場合:【表1】で算出した対象保険税額に、【表2】所得に応じた減免割合を乗じた額
           計算式 【表1】対象保険税額(A×B/C)×【表2】減免割合(d) = 減免額
 

【表1】減免となる対象保険税額=A×B/C

 A

 世帯の被保険者全員について算定した保険税額

 B

 主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等にかかる前年(令和元年)の所得金額

 C

 主たる生計維持者及び世帯の被保険者全員の前年(令和元年)の合計所得金額

 ※BやCの所得額が0円の場合は、A×B/C=0となるので、減免額は0円となります。

 

【表2】減免割合(d)

 主たる生計維持者の前年(令和元年)の合計所得金額

 減免割合

前年の合計所得金額にかかわらず事業等の廃止、失業

 10/10

 300万円以下

 10/10

 400万円以下

  8/10

 550万円以下

  6/10

 750万円以下

  4/10

 1,000万円以下

   2/10 

 

 

 減免事由④の場合:対象となる保険税に【表3】の減免割合を乗じた額

【表3】

 損害の程度又は金額

 減免割合

 全壊又は家財の価格の10分の5以上のとき

 10/10

 半壊・大規模半壊又は家財の価格の10分の2以上10分の5未満のとき

 1/2

 

 

 減免事由⑤の場合:世帯の被保険者全員について算定した国民健康保険税額と行方不明者以外の被保険者について算定した国民健康保険税額との差額

 
 

申請方法

  申請書及び必要書類をご用意のうえ、「八代市国保ねんきん課保険税係」へ送付、又は八代市役所仮設庁舎西棟1階国保ねんきん課23番窓口にご持参ください。
 

必要書類

 減免事由①の場合:1.ワード 減免申請書(収入減少等) 別ウィンドウで開きます(ワード:42キロバイト)

          2.医師の診断書(死亡の場合は死亡診断書)

 

 減免事由②及び⑤の場合:1.ワード 減免申請書(収入減少等) 別ウィンドウで開きます(ワード:42キロバイト)

             2.行方不明となったことが分かるもの(被災証明書等)


 減免事由③の場合:1.ワード 減免申請書(収入減少等) 別ウィンドウで開きます(ワード:42キロバイト) ワード 減免申請書(収入減少等)記入例 別ウィンドウで開きます(ワード:45キロバイト)

          2.エクセル R2年中の収入見込届 別ウィンドウで開きます(エクセル:30.5キロバイト)  エクセル R2年中の収入見込届記入例 別ウィンドウで開きます(エクセル:53キロバイト)

          3.申請までの一定期間の帳簿や給与明細書等

          4.損害賠償金等の補填金がある場合は、損害保険会社の保険金振込通知書、支払証明書等損害補填額の分かるもの
          5.事業廃止・失業の場合は、災害の影響により収入が減少した事実が分かるもの

           (解雇・事業廃止理由に「令和2年7月豪雨災害による解雇・事業廃止」等の記載のある解雇決定通知書・事業廃止決定通知書・

            休廃業届・離職票等)
          ※5.の書類がない場合は、エクセル 業務廃止等証明書 別ウィンドウで開きます(エクセル:13.1キロバイト)を提出してください。

           また、解雇決定通知書や離職票はあるが、「令和2年7月豪雨災害による解雇・事業廃止」等の記載がない場合は、

           エクセル 業務廃止等申出書 別ウィンドウで開きます(エクセル:13.7キロバイト)を解雇決定通知書や離職票等と併せて提出してください。


 減免事由④の場合:1.エクセル 減免申請書 別ウィンドウで開きます(エクセル:17.5キロバイト)

            2.り災証明書(損害の程度が確認できるもの)

                          ≪家財被害のみの場合≫

          1.エクセル 減免申請書 別ウィンドウで開きます(エクセル:17.5キロバイト)

          2.財産についての資料

          ・エクセル 家財明細書 別ウィンドウで開きます(エクセル:107キロバイト)

        ※家財の取得価額、取得年月等不明の場合はエクセル 家族構成別家財評価額 別ウィンドウで開きます(エクセル:14.4キロバイト)を用いて損害金額を

         算出します。

         ・修理、買い替えの見積書(領収書)等

         ・補てん金額(損害保険金等)の確認できる書類

 


 

申請期限

  令和3年3月31日

 
 

注意事項

 今回の豪雨により住宅に全壊・大規模半壊・半壊の被害を受けられたされた方で、八代市の固定資産税又は市県民税の減免申請がお済の場合は、

別途国民健康保険税の減免申請書をご提出いただく必要はありません。 

 

 

窓口・問合せ先

 受付場所:八代市役所仮設庁舎西棟1階 国保ねんきん課 保険税係 23番窓口

 受付時間:平日の午前8時30分から午後5時15分(毎週木曜日は午前8時30分から午後7時まで)

 問合せ先:国保ねんきん課 保険税係 電話0965-33-4113

 ※個人市県民税・固定資産税の減免内容については、下記からご覧ください

  個人市県民税別ウィンドウで開きます

  固定資産税別ウィンドウで開きます

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6044)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved