八代市総合トップへ

老齢基礎年金

最終更新日:
1.年金を受けるために必要な期間(受給資格期間)
次の期間を合計して、10年(120月)以上の期間が必要です。  
(1)保険料を納めた期間
(2)厚生年金保険や共済組合に加入した期間
(3)第3号被保険者であった期間
(4)保険料の免除(全額・一部)、納付猶予を受けた期間 
 *なお、一部免除を受けた期間で残りの保険料を納付しなかった期間は除かれます。
(5)学生納付特例期間
(6)任意加入できる人が加入しなかった期間など(合算対象期間)
 
※老齢基礎年金は、20歳から60歳になるまでの間、10年以上の上記の(1)〜(6)までの期間が必要です。しかし、保険料を納めていないために老齢基礎年金の受給資格を満たすことができない人や、満額の老齢基礎年金を受給できない人は、60歳以降でも65歳になるまで任意加入することにより、受給資格期間を満たしたり、年金額を満額に近づけることができます。
 また、昭和40年4月1日以前に生まれた人で、65歳以上70歳未満の人は、受給資格期間を満たすまで任意加入することができます。
 
◎平成31年度の老齢基礎年金額(40年間保険料をすべて納付した場合) 
  780,100円(月額65,008円)
 
 
                                 

2.繰上げ・繰下げ請求
 老齢基礎年金は、原則として65歳から受けられますが、希望すれば60歳から64歳の間でも請求時の年齢に応じて減額された年金を受けることができます。また、66歳から70歳の間に支給を遅らせて、増額された年金を受けることもできます。
 なお一度、減額・増額された支給率は、生涯かわりません
 
●昭和16年4月2日以後に生まれた人
繰上げ請求をした月から65歳になるまでの月数に応じて、月単位で減額率(70%~99.5%)が設定され、また、繰下げ申出時の年齢が1か月増すごとに、月単位で増額率(108.4%~142.0%)が設定されています。。

●昭和16年4月1日以前に生まれた人
請求または申出時の年齢に応じて、減額率(11%~42%)・増額率(112%~188%)が 年単位で設定されています。
 
※繰上げ請求は、次のことにご注意ください。
 ・65歳になっても減額率はそのままです。
 ・遺族年金を受けている人は、65歳になるまでどちらか一方の年金を選択することになります。
 ・寡婦年金を受けている人は、その受給権がなくなります。
 ・65歳前に障害者や寡婦となった場合、障害基礎年金や寡婦年金は受けられません。
 
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:483)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved