八代市総合トップへ

退職者医療制度

最終更新日:

退職者医療制度とは

 会社などを退職すると、その職場の健康保険の資格は失われ国保に加入することになりますが、長い間勤めた会社などを退職して、年金をうけている人とその被扶養者は退職者医療制度で診療をうけることになります。
※H26年度で段階的廃止の経過措置が終了となり、H27年度以降は新規の適用はありません。(H26年度までに適用の方は65歳に到達するまで継続します。)

対象者

 次の1〜2のすべてにあてはまる人(退職被保険者本人)とその被扶養者です。
1.国民健康保険に加入している65歳未満の人
2.厚生年金や各種共済組合などの老齢(退職)年金を受けている人で加入期間が20年以上または、40歳以降の加入期間が10年以上ある人
被扶養者とは、退職被保険者本人の配偶者(事実上婚姻関係と同様にある人を含む)および本人と同じ世帯で、おもに本人の収入によって生計を維持している三親等内の人のことです。

退職被保険者になる日

 年金の受給権が発生した日です。年金を受ける手続きをし、年金証書をうけとったら、14日以内に国保年金課にお届けをお願いいたします。

届け出に必要なもの

1.保険証
2.厚生(共済)年金証書
※保険税額は変わりません。

必ず手続きを

 この制度で医療をうける人の医療費は、本人の自己負担分以外は、保険税と職場の健康保険などが出し合う拠出金によってまかなわれています。もし対象となる人が手続きをしないで、一般の国保のままで医療を受けると、本来拠出金から支払われるべき医療費も国保の負担となってしまいます。国保の適正運営のためにも対象となる人は必ず届け出をお願いします。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:413)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved