八代市総合トップへ

国民年金保険料の免除・納付猶予制度

最終更新日:
 第1号被保険者で、次の事由により保険料の納付が困難な方のために、保険料の免除制度があります。
●所得が基準以下のとき
●地方税法上の障害者、または寡婦で年間所得が基準以下のとき
●失業して収入がなくなったとき
●その他、天災等の理由で納付が困難なとき
ご相談・免除手続きは市役所及び年金事務所までお願いします。

しかし、以下の点に注意が必要です。
●免除期間は年金の受給資格期間には含まれますが、老齢基礎年金額の計算は免除の種類によって違います。
●保険料は10年間追納が可能です。後から納付した分は、老齢基礎年金額の計算に入り、年金を満額に近づけることができます。
●申請は毎年度必要です。

免除の種類

 免除の種類は、次のとおりです。
■全額免除   ■4分の3免除   ■半額免除   ■4分の1免除
●各免除の区分は、本人、配偶者、世帯主の所得に応じて決定されます。
各免除の内容は次のとおりです。ただし、金額は30年度の額です。
免除区分 全額免除 4分の3免除  半額免除  4分の1免除
納める額(月額) 0円 4,090円 8,170円 12,260円
年金額への算定(21年4月から) 2分の1 8分の5 4分の3 8分の7
年金額への算定(21年3月まで) 3分の1 2分の1 3分の2 6分の5

納付猶予制度  

学生を除く50歳未満の方は、本人と配偶者の所得が一定基準以下の場合、申請して承認されると、保険料の納付が猶予されます。
しかし、以下の点に注意が必要です。
●猶予期間は年金の受給資格期間には含まれますが、老齢基礎年金額の計算には入りません。
●保険料は10年間追納が可能です。後から納付した分は、老齢基礎年金額の計算に入り、年金を満額に近づけることができます。
●申請は毎年度必要です。
 
★平成28年熊本地震で被災された皆様へ
 熊本地震で被災し、住宅、家財、その他の財産について、おおむね2分の1以上の損害を受け保険料の納付が困難であるときには、災害による特例免除(全額免除または一部免除)を受けられます。詳しくは被災者専用フリーダイヤル(☎0120-558-656)または八代年金事務所(☎35-6143)までお問合せください。
 
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:2496)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved