八代市総合トップへ

大気汚染防止法(アスベスト関係)が改正されました(平成26年6月1日施行)

最終更新日:
解体等工事の受注者および自主施工者は、石綿(アスベスト)使用の有無について事前に調査し、その結果を解体工事の場所に掲示しなければなりません。
解体工事の元請業者は、調査結果を発注者に書面で説明しなければなりません。
また、石綿が使用されていた場合、発注者により作業開始の14日前までに保健所に「特定粉じん排出等作業届出」が必要です。

環境省>石綿(アスベスト)問題への取組>建物を壊すときにはどうしたら良いの?
http://www.env.go.jp/air/asbestos/index6.html

熊本県>建築物への石綿(アスベスト)使用の有無の確認について
http://www.pref.kumamoto.jp/soshiki/43/asbesuto.html
このページに関する
お問い合わせは
(ID:2171)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved