八代市総合トップへ

令和2年7月豪雨災害に伴う被災家屋等の解体撤去(追加受付け)について

最終更新日:
 

被災家屋等の解体撤去について

公費解体制度とは

 令和2年7月豪雨災害により損壊した被災家屋等について、生活環境保全上の支障の除去と二次災害の防止を図るため、当該物件所有者の申請に基づき、八代市が所有者に代わって、災害廃棄物として解体と撤去をする制度です。

 

解体・撤去の対象

■被災した家屋
 ◎り災証明書で「全壊」「大規模半壊」「半壊」と判定された家屋
 ◎八代市が調査を行い、「半壊以上」と認めたもの
 《例》り災証明書が発行されない空家、倉庫、納屋など

 
■被災した事業所等
 ◎八代市が調査を行い、「半壊」以上と認める中小企業または公益法人等の事務所など
 《例》事務所・倉庫・店舗・地域で所有する施設 など
 

■注意

 ※家屋内に残っている貴重品、思い出の品等は、できるだけ解体前に回収してください。
  ただし、倒壊等のおそれがあり危険な場合は、この限りではありません。
 ※被災家屋の建物全体を解体するものが対象で、建物の一部を解体する場合は対象外です。

  

受付窓口・時間等

■申請の受付は、予約制になります。
 申請書、添付書類がそろったら、循環社会推進課(電話︓0965-34-1997)に電話で申請の予約をしてください。

 

■受付窓口︓八代市役所循環社会推進課 電話︓34-1997
      八代市港町299 エコエイトやつしろ管理棟

 

■受付期間
 公費解体︓令和4年4月28日(木曜日)~令和4年10⽉31⽇(月曜日) (土日祝祭日を除く)
 
■受付時間︓午前9時~午後5時

  •  
  • 申請書類様式(公費解体) 

    • 〇申請時に必要な書類

 PDF 1 公費解体申請書(個人・個人事業者) 別ウィンドウで開きます(PDF:384.6キロバイト)

 PDF 1-3 建物位置図・写真 別ウィンドウで開きます(PDF:222.3キロバイト)

 
〇場合により必要な書類

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:17490)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved