八代市総合トップへ

被覆肥料のプラスチック殻は、水田から流出させないようにしましょう!

最終更新日:

  被覆肥料は、プラスチック等で肥料をコーティングしているため、肥効の調整が可能です。肥料の投入量削減や地下水への流出などが抑えられますので、環境への負荷も低減できる肥料です。
 しかし、肥料成分が溶出した後の被膜殻は、水田などのほ場から水路や河川を通じて海へ流出することで海洋汚染の要因になると指摘されています。
そのため、被覆肥料を使用される場合は、被膜殻の流出防止対策の徹底をお願い致します。

 

PDF 【農林水産省】海洋汚染防止に向けてプラスチック被覆肥料の代替技術等を支援します。 別ウィンドウで開きます(PDF:3.14メガバイト)



 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:17062)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved