八代市総合トップへ

公共工事完成図書等の電子納品の段階的な導入について

最終更新日:
 

公共工事完成図書等の電子納品の段階的な導入について

令和3年度より、一部を除き、全ての工事で完成図書等の電子納品をスタートします。

 電子納品とは今まで紙で提出していた工事・業務の最終成果を規則にしたがって電子データで成果品を作成し、納品することをいいます。
 本市では調査・測量設計業務委託の成果品については、H24 年 4 月から先行して電子納品を導入しておりましたが、今般のデジタル化の推進及び新庁舎の建設のタイミングを捉え、公共工事の成果品(完成図書)についても電子納品を導入することとしましたのでお知らせいたします。
 ただし、周知期間を充分確保するため、導入に関しては、段階的に行うこととします。

 導入開始時期:令和3年4月1日より
 ○導入の方法:以下のSTEPのとおり、段階的に導入する。
 ※導入に関する詳細については、別添「ワード 八代市電子納品運用ガイドライン 別ウィンドウで開きます(ワード:1.07メガバイト)」を参照
  1STEP 【土木一式工事または建築一式工事において予定価格が市等級Aに該当する工事】
   ⇒令和3年度より試行、令和4年度より導入
  2STEP 【1STEP以外の工事(ただし、電子納品の対象としない工事は除く)】
   ⇒令和3年度より試行、令和5年度より導入
 ※工事種類規模別等級
  土木一式工事  A:2,500万円以上 B:1,100万円以上2,500万円未満 C:1,100万円未満
  建築一式工事  A:5,000万円以上 B:1,000万円以上5,000万円未満 C:1,000万円未満

 

 ○電子納品の対象としない工事
 【共通】小規模工事(予定価格130万円以下)、緊急を要す工事、構造物の撤去に係る工事(仮設を含む)、仮施設を設置する工事、応急の工事、

     測量精度が作業規程の基準に満たない工事、修繕・原形復旧に関する工事、現場塗装に関する工事
 【河川・港湾関係】浚渫工・河川掘削に関する工事、浚渫土処理を行う工事(埋立工事)
 【道路関係】区画線を設置する工事、舗装補修・修繕に関する工事、施設の維持に関する工事
 【下水道関係】公共桝の設置に関する工事 
 【建築関係】部分改修工事

 

 〇契約後に行う発注者受注者間の事前協議に用いる様式はこちらです。

      エクセル 事前協議チェックシート 別ウィンドウで開きます(エクセル:43キロバイト)

 

 〇周知用チラシ PDF 電子納品周知用チラシ 別ウィンドウで開きます(PDF:354.4キロバイト)

このページに関する
お問い合わせは
(ID:14575)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved