八代市総合トップへ

令和2年7月豪雨に伴う農家の自力復旧支援事業(球磨川流域復興基金交付金事業)の創設について

最終更新日:
 

令和2年7月豪雨に伴う農家の自力復旧支援事業(球磨川流域復興基金交付金事業)


令和2年7月豪雨により被災した農地と農業用施設(農業用道路や水路、頭首工等)の早期復旧を図るため、自力復旧に係る経費の一部を補助します。
 

対象者

  • 八代市内に農地を有する個人・法人
  • 八代市内の農地を耕作する個人・法人

 

 ただし、次の条件をすべて満たすこと

  1. 市税を滞納していないこと
  2. 耕作放棄地でないこと

 

 

対象事業

豪雨により被災した農地及び農業用施設のうち農家自ら復旧をおこなうもの

 

 ただし、次の条件をすべて満たすこと

  1. 国庫補助の対象とならない小規模災害のもの(1箇所40万円以下)
  2. 国庫補助等、他の制度による補助を受けていないもの
  3. 令和3年7月末までに完了報告ができるもの


《農地》

  • 堆積土砂の撤去
  • 流失した表土の客土
  • 石積復旧
  • ブロック積復旧
  • けい畔復旧
  • 法面整形
  • 重機整地

 

《農業用施設(農業用道路や水路、頭首工等)》

  •   修繕 

 ただし、受益戸数2戸以上であること

 

 

 

補助対象経費

  • 作業機械借上料
  • 機械オペレーター賃金
  • 資材等材料費
  • 燃料費
  • 運搬費
  • 人件費(単価の規定あり)
  • その他必要と認められる経費
 

補助額・上限額

 
 
 

 

 

 補助額

  上限額

 農地

 補助対象経費の2分の1以内(1,000円未満切り捨て)

 20万円

 農業用施設

 補助対象経費の3分の2以内(1,000円未満切り捨て)

 26万6,000円

※予算に限りがあることから場合によっては一部対象とならない可能性があります。

 

なお、市からの機械借上料や原材料等の支給を受けている場合は、補助額から当該支給を受けた額を控除します。

 

 

 

必要書類

  1. 自力復旧に係る費用が分かるもの(積算書、見積書、請求書、領収書等)
  2. 被災箇所がわかる位置図と被災写真
  3. 受益者名簿(農業用施設のみ)
 
 

受付期間・受付場所

令和3年5月28日(金曜日)までに必要書類を添えて農地整備課又は坂本農林水産地域事務所へ提出してください。

 

※受付時は申請書等への記入のみをおこなっていただきます。後日、現地調査を行い可否決定をします。

※既に作業を完了している自力復旧も対象となりますが、その場合、被災写真等の被災を証明するものが必要となります。

 

 

 

問い合わせ先

  • 農地整備課 農地整備係(33-4118)【仮設庁舎東棟2階】
  • 坂本農林水産地域事務所(45-2363)【坂本の里一灯苑南側】
このページに関する
お問い合わせは
(ID:14526)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved