八代市総合トップへ
2021年2月5日 ~ 2021年3月21日

冬季特別展「笠鉾大解剖3 蘇鉄と西王母」(2021年2月5日~3月21日) 八代市立博物館

最終更新日:

笠鉾をバラバラにして構造と謎のヒミツに迫る! 

表  裏
■新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で実施します。
 ご来館の際は、マスク着用ヘルスチェックシートへのご記入など感染防止対策にご協力ください。入館人数が上限に達した場合、入場を制限することがあります。 ※ヘルスチェックシートは、事前に印刷してご来館時にご持参いただいてもかまいません。こちらからダウンロードできます。別ウィンドウで開きます

 

■本年度の冬季特別展覧会は。。。

 笠鉾大解剖シリーズの第3弾として、笠鉾「蘇鉄」と笠鉾「西王母」を紹介します。
笠鉾(かさぼこ)とは、妙見祭を彩る代表的な出し物で、全部で9基あり、江戸時代、八代城下町から出されていたものです。組み立て式の笠鉾は、200から300の部材があります。それら部材の一つ一つを細かく見ることによって、笠鉾の構造のヒミツや先人の知恵と工夫、変遷を知る手がかりを見つけることができます。また、部材に記された記録からは、笠鉾に込められた人々の思いもうかがうことができます。
妙見祭の国指定から10年。今一度笠鉾について深~く知りたいと思いませんか? 本展の開催が、笠鉾や妙見祭への見識と保存継承への理解を深めていただく契機となれば幸いです。

 
 会  期 2月5日(金曜日)~3月21日(日曜日)
 観 覧 料 一般400円(320円)、高・大生300円(240円) 中学生以下は無料 ※(  )内は20名以上の団体料金
 開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
 休 館 日  毎週月曜日(2月8日,2月15日,2月22日,3月1日,3月8日,3月15日)
 主   催  八代市立博物館未来の森ミュージアム、八代市
 後   援  八代妙見祭保存振興会
 協   賛  八代市立博物館友の会 
 
 ■クイズに答えてオリジナルバッジをもらおう!
  会場に設置してあるワークシートを解いて全問正解すると笠鉾バッジがもらえます。ぜひチャレンジしてみてください。
 
  

特別講演会のご案内 

 ※緊急事態宣言延長により、開催期日が延期となりました。

   2月14日(日曜日) → 3月14日(日曜日)

 

   日   時 3月14日(日曜日)14時00分~15時30分 

 会   場 博物館講義室 

 演   題 「笠鉾のヒミツに迫る!~笠鉾蘇鉄と西王母を中心に~」
 講   師 早瀬輝美(本館学芸員) 

 そ の 他 聴講無料 定員30名 申し込み先着順 ※電話による事前申込みが必要です。

 申 込 先 博物館 TEL0965-34-5555

 申込期間 令和3年2月1日(月曜日)より(9時~17時)※定員に達し次第締め切ります。

 

 八代市立博物館未来の森ミュージアム

 http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/index.jsp

 

■新型コロナウイルス感染症対策について

  新型コロナウイルス感染防止対策を講じた上で実施します。ご来館の際は、マスク着用ヘルスチェックシートへのご記入など感染防止対策にご協力 
 ください。入館人数が上限に達した場合、入場を制限することがあります。
このページに関する
お問い合わせは
(ID:14024)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved