八代市総合トップへ

ガラスびんの分別について

最終更新日:

 近頃、資源の日の収集において、「透明びん」「茶色びん」に他のびんの混入が増えています。
 「透明びん」「茶色びん」は、それぞれのびんの原料としてリサイクルされるため、他の色びんが混ざらないことが重要です。
 資源の日に出すときは、キャップを外し、中を軽くすすいでから、それぞれの色びんにしっかりと分けましょう。
 色の判別に悩むびんは、「その他の色びん」に出してください。

 

透明びん(画像)茶色びん(画像)その他の色びん(画像)

透明びん

茶色びん

その他の色びん


【その他の注意点】
・化粧品のびんは、中をきれいに洗えば、びん類として出すこともできますが、「マニキュアや香水等の洗い落とせないびん」や「乳白色の化粧びん」は、「ガラス・陶磁器類」へ出してください。
・耐熱ガラスでできた製品は、通常のガラスと原料や組成、溶解温度が異なるため、ガラスびんと混ぜてしまうと、びんを生産するときに欠陥びんの原因になります。ガラス製の哺乳瓶は耐熱ガラスでできているため、「ガラス・陶磁器類」に出してください。
・家庭用の農薬や除草剤のびんは「有害危険物」に出してください。
 

 資源の分別方法は、市のホームページ(「資源の分別早見表」について別ウィンドウで開きます)やごみ分別アプリ「さんあーる」で確認することができます。

 ごみ分別アプリ「さんあーる」のダウンロード方法はこちら別ウィンドウで開きますをご覧ください。


 皆さまのご協力をお願いします。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:13533)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved