八代市総合トップへ

ふぐによる食中毒にご注意ください

最終更新日:
 

ふぐによる食中毒にご注意ください

 

ふぐによる食中毒の発生防止のための注意


 例年、自分で釣ったふぐを調理(自家調理)して食べることによる重症事例や死亡事例が発生しており、本年においても死亡事例が報告されました(別紙参照)。ふぐの自家調理は非常に危険であり、最悪の場合、死亡するおそれがあることから、自家調理したふぐは食べることのないよう、ご注意願います。
 

家庭でのフグ処理は大変危険です!

 
○フグ毒(テトロドトキシン)は青酸カリの数百倍の毒性を持つ極めて危険な毒です。
○フグの毒力は、一般に肝臓、卵巣、皮が強いとされますが、種類や部位によって著しく異なります。フグによって可食部位が異なるため、食べられるかどうかを素人が判断することは大変危険です。
○フグの毒は、加熱などの調理で、無(弱)毒化されることはありません。
○熊本県では、営業でフグを提供する場合には、条例で県知事の免許を受けた「ふぐ処理師」のみが、「ふぐ処理所」の登録を受けた場所で、フグを処理できると定めています。
○免許を持たない方がフグを処理することは大変危険ですので、決して素人調理を行わないでください

【参考】
このページに関する
お問い合わせは
(ID:11628)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved