八代市総合トップへ

風しんの追加的対策のお知らせ(S37.4.2~S54.4.1生の男性)

最終更新日:

 

昭和和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は風しん抗体検査・予防接種を無料で受けられます。        風しん抗体検査・予防接種を受けるためにはクーポン券が必要です。

【実施期間】 今年度から令和4(2022)年3月31日までの3年間

 

【対 象 者】 クーポン券は対象年齢の人を今年度と来年度にわけて送付します。どちらに該当するか確認ください。

  対象者(1) 昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

      ・複合健診を申込みの人には健診と一緒に案内しています。

      ・巡回健診・医療機関健診を申込みの人には6月末までにクーポン券を送付します。

  ・上記健診を申込んでない人には4月にクーポン券を送付しています。

 

  対象者(2) 昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性

      ・令和2年4月にクーポン券を送付予定です。ただし、風しんの抗体検査等を今年度希望する場合は、クーポン券を発行しますので、

      八代市保健センター(0965-32-7200)へ連絡ください。

 

【 料 金 】 風しん抗体検査、予防接種とも無料

         ※予防接種は抗体検査の結果が低抗体価の人が対象です。

 

【検査の流れ】(詳しくはクーポン券と同時に送付する案内文をお読みください)

       (1)風しん抗体検査・予防接種クーポン券が届く

       (2)医療機関や健診機関で風しん抗体検査(血液検査)を受ける

        ※職場の定期の健康診断と同一機会にクーポン券を持参すれば抗体検査を受けられる場合もあります。勤務先にご確認ください。

       (3)風しん抗体検査の結果を確認し、風しんの抗体価が低ければ、予防接種を受ける

        ※風しんの抗体価が高ければ、予防接種は必要ありません。検査のみで終了です。

 

 

Q どうして昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性だけが対象なの?

 A 風しんの追加的対策の対象の人はこれまで公的な風しんの予防接種を受ける機会がなかったため、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)

  なっています。

   風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、

  生まれてくる赤ちゃんが先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。

   大人になって感染すると無症状~軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。また、無症状でも他人に風しんを

  うつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体で免疫を持つことが重要です。

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:10494)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved