八代市総合トップへ

海外で八代産品の輸出拡大・販路拡大に取り組みました

最終更新日:

 本市では平成26年3月に「フードバレーやつしろ基本戦略構想」を策定し、豊富な農産物等を活かした産業の振興と地域活性化に取り組んでいます。その一環として、海外でのフェア開催や展示会・商談会参加の支援、海外バイヤーとのマッチングなど、海外展開に積極的な事業者の支援を行っています。

 今回、香港で「イオンストアーズ香港晩白柚フェア」と「飲食店割烹櫓杏での八代フェア」、台湾で「くまもと県南フードバレーフェア」を開催しました。

 

イオンストアーズ香港での晩白柚フェア

 平成31年1月24日(木曜日)~2月6日(水曜日)にかけて、イオンストアーズ香港全店(11店舗)で、晩白柚L玉3,000個、3L玉20個を販売しました。本フェアは、春節用の贈答品として八代地域特産の晩白柚を香港に輸出し販売するもので、今回で5回目の取組みとなります。

 香港では、日本の食が注目されていることに加え、旧正月を控えたこの時期は、晩白柚ならではの大きさやきれいな黄色が「大きな福をもたらす果物」として好評をいただいています。売り場では試食も行い、インパクトのある見た目やさわやかな香り、また、ジューシーな味わいを香港のお客様にお届けしました。

 

イオンイベント売り場

 

 
 

香港飲食店 割烹櫓杏での八代フェア

 香港飲食店「割烹櫓杏」において、平成31年1月16日(水曜日)から1月31日(木曜日)までの間、養殖牡蠣などの八代産の食材を活用したメニューを提供するフェアを開催しました。

 また、フェア初日となる1月16日(水曜日)には店舗でフェアキックオフイベントを開催し、現地メディアやバイヤーを招いて、八代産食材のPRや観光の魅力について紹介しました。

 海外の飲食店でのフェア開催は今回が初の試みでしたが、フェアをきっかけに食材として新たに調味料が取引きにつながり、また、来場者からは「購入したい」「おいしい」との声が多く聞かれたことから、八代産品のレストラン等への供給について可能性を探ることができました。

 

櫓杏2櫓杏1

 

 
 

台湾基隆市での くまもと県南フードバレーフェア

 台湾基隆市で、平成31年2月16日(土曜日)・17日(日曜日)の2日間、「くまもと県南フードバレーフェア」を開催しました。

 本市と台湾基隆市は、以前から民間団体間での交流が盛んに行われており、また、平成30年4月に友好交流協定を締結するなど、非常に関係の深い都市です。フェアの開催は今回で4回目となります。

 フェアでは、八代をはじめとする熊本県南の特産品を集めた物産展や八代の観光紹介のほか、お茶の作法や日舞など日本の伝統文化の紹介、そして八代が日本一の生産量を誇る、い草を使ったコースター製作体験などを通して、八代の食・観光・日本の文化を紹介しました。その他、交流イベントとして、基隆市の中学生による吹奏楽の演奏やダンスの披露も行われ、開催2日間を通して多くの来場者で賑わいました。

 また、フェア翌日には、物産展の出展事業者を対象に、現地商社や小売店バイヤーとの商談会を行いました。

 

記念品物産
お茶忍者
台北商談会


 

 
 
 
 
 


 

 

 

 

 


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:10042)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved