観光サイトTOP総合トップへ観光サイトTOP総合トップへ
2018年4月20日 ~ 2018年6月3日(毎週 日・火・水・木・金・土曜日)

春季特別展 「能面乱舞ー八代城主松井家伝来能楽コレクションー」開催中(4月20日~6月3日)

最終更新日:
休館日 毎週月曜日   開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)  問合せ 0965-34-5555

★世界が絶賛する日本の能楽 国内屈指の能楽コレクションを八代で一挙初公開★

 能楽は、約600年の歴史を持つ伝統芸能で、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

 室町時代以降、武家の式楽(大事な儀式のときに上演する芸能)とされたことから、将軍家や大名家では能役者を召し抱えたり、能面や能装束をそろえたりして、能楽を重んじました。肥後熊本藩主細川家やその筆頭家老で八代城主松井家も歴代が能楽を愛好した家として全国に知られ、伝来する能面や能装束は国内屈指といわれています。

 今春の特別展では、室町時代末期から江戸時代後期にわたる貴重な能面・能装束・謡本等98件を、八代で一挙初公開します。どうぞご期待ください。

  ポスター  ちらし裏面

能楽を知らなくても大丈夫

 能は、おめでたい物語や勇ましい物語、悲しく苦しい恋の物語、離れ離れになった切ない親子の物語など、さまざまなドラマを演じる演劇です。

 その演劇の中で、能面は神様や鬼、貴公子や絶世の美女など、さまざまを役柄を演じるために作られた仮面、能装束はさまざまな役柄に扮装するための舞台衣装です。つまり、視覚的にどんな役柄か誰にでもわかるように作られているので、能を知らなくても、意味がわからなくても、目で見て理解することができるのです。

 勇ましさや悲しさを能面はどのように表現しているか、能装束はどのような形や模様によって表現しているか、という点に着目していただくと、これらが、いかに人間洞察と造形力にすぐれ、ものすごく高い技術力で作りだされていることにお気づきいただけると思います。

 それが、ここ八代に守り伝えられていたことを多くの方に知っていただけたら幸いです。

   

内容の詳細は八代市立博物館ホームページをご覧ください

http://www.city.yatsushiro.kumamoto.jp/museum/event/2018/2018_sp.html

 

会  場 八代市立博物館未来の森ミュージアム
会  期 平成30年4月20日(金曜日)~6月3日(日曜日)
開館時間 9時~17時(入館は4時30分まで)
休 館 日 毎週月曜日
観 覧 料 一般600円(480円) 高大生400円(320円)
     中学生以下は無料 ( )内は20名以上の団体料金
     ※5月5日(土・こどもの日)は無料開館日
主  催 八代市立博物館未来の森ミュージアム・八代市
協  力 一般財団法人松井文庫(八代市北の丸町)

 

 

特別講演会

特別講演会《その壱》「松井家と能」
日 時 平成30年4月22日(日曜日) 10時30分~12時  聴講無料
講 師 松井葵之(一般財団法人松井文庫理事長・本館館長)
場 所 本館講義室   ※事前申込不要 先着80名

特別講演会《その弐》「松井文庫の能面・能装束」
日 時 平成30年4月28日(土曜日) 10時30分~12時  聴講無料
講 師 山﨑 摂(本館上席学芸員)
場 所 本館講義室   ※事前申込不要 先着80名

 

 

能楽体験講座「触れてみよう!お能の魅力」

日 時 平成30年5月13日(日曜日) 14時~15時30分  参加費無料
講 師 櫻間右陣師(金春流能楽師、櫻間家21代当主、国指定重要無形文化財総合認定保持者)
場 所 本館講義室
対 象 小学生以上 30人
※参加希望の方は、電話にて博物館へお申込ください。先着順とし、定員になり次第締め切ります。参加者には、後日ハガキを送付します。 
※申込受付時間(8時30分~17時)
このページに関する
お問い合わせは
(ID:8435)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     

Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved