文化情報発信サイトTOP総合トップへ文化情報発信サイトTOP総合トップへ

織田信長供養の五輪塔(市指定)

最終更新日:

 

所在地・・・北の丸町
05泰巌寺信長五輪塔.jpg
 八代市立第一中学校校庭東南隅の「泰勝院・宗雲寺・泰巌寺三廃寺跡」敷地内に、細川三斎(細川忠興)が信長を供養して建てた五輪の塔があります。
 高さ146cm、凝灰岩製で水輪、地輪の四面に刻まれた種字(梵字)は彫が深く風格があります。五輪の塔は礎石の上に置かれ、地輪(最下部)正面には「織田将軍去遊49歳、天正10年(1582)6月2日」とあり、裏面には「寛永10年(1633)6月3日」、左側には「細川参議敬建」と記されています。


名称・・・・・・・・・織田信長墓-五輪の塔(おだのぶながのはか-ごりんのとう)
指定ランク・・・・市指定
種別・・・・・・・・・有形文化財・建造物
指定年月日・・・昭和40年5月18日


指定文化財一覧に戻る
 
このページに関する
お問い合わせは
(ID:725)
八代市役所   〒866-8601  熊本県八代市松江城町1-25   Tel:0965-33-4111(代)     

Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved

八代市役所

〒866-8601
熊本県八代市松江城町1-25
Tel:0965-33-4111(代)
Copyright (C) 2016 Yatsushiro city office, Kumamoto pref,All rights reserved